2021年6月17日 SDGsの観点からのフードロスの削減[大阪]

2021年6月17日 SDGsの観点からのフードロスの削減[大阪]

ポイント

消費期限・賞味期限は どうやって決められているのでしょう? その決め方には科学的な根拠があるのでしょうか? 期限を超えたものを食べたら 即 危ないのでしょうか? 現在は消費期限・賞味期限が切れたら商品がすべて廃棄されていますが それは社会にとって正しいことなのでしょうか? 

  • 消費期限と賞味期限とは?
  • 企業の側では期限をどうやって決めているのか?
  • 消費期限・賞味期限に絡んで生じている廃棄物の量はどの程度なのか?
  • その中にまだしっかりと品質を保っているものはあるのか?
  • 品質がしっかりしているなら 用途に応じての利用は可能か?

シンポジウム詳細(予定)

プログラム

開始終了内容担当
9:209:40受付食品品質プロフェッショナルズ
9:4010:00開催挨拶、消費期限・賞味期限の解説食品品質プロフェッショナルズ
10:0012:10期限の決め方
(生産側の状況、小売り側の期待)
生産側・小売り側代表
12:1013:00昼食休憩 
13:0014:00どのような廃棄物が生じているか
その廃棄物の品質は?
生産側・小売り側代表
14:0015:00フードバンクの抱える課題フードバンク側代表
15:0015:15休憩 
15:1516:30ロスを活用していく道はあるのか全体討議
(モデレーター:食品品質プロフェッショナルズ)
16:3016:45今後の活動、閉会挨拶食品品質プロフェッショナルズ
16:4517:00今後の活動参加受付受付:食品品質プロフェッショナルズ

日程

2021年6月17日(木)

時間

9:30~17:00

場所

千里山コミュニティセンター

〒565-0844 大阪府吹田市千里山霧が丘22-1 BiVi千里山3階

料金

1,000円(税込)

  • 当日会場でお支払い下さい。
  • 参加費はすべてフードバンクへの支援に宛てられます。

定員

200名(要予約)

  • ソーシャルディスタンス要請が継続中でしたら70名までとなります。
  • 窓のない部屋のため 換気促進用として扇風機を二台持ち込み それぞれ吸気・排気用として使用します。

主催

一般社団法人 食品品質プロフェッショナルズ

登壇者

食品の生産にかかわる企業群、小売業、農業支援団体、フードバンク

お申し込み

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    所属(会社名など)

    当日連絡可能な連絡先 (必須) 携帯番号など

    参加予定人数 (必須)

    このシンポジウムをお知りになったきっかけ (必須)

    自動返信メールが@qpfs.or.jpより届きます。

    資料ダウンロード

    事前に配布するプレゼン資料などがあれば シンポジウム10日前までに ここにアップロードされます。


    CTA-IMAGE 一般社団法人 食品品質プロフェッショナルズでは様々な特典をご用意して、個人会員、事業者会員を募集中です。ぜひこの機会にご入会ください。 また無料メルマガもぜひご登録ください。

    シンポジウム情報カテゴリの最新記事